あゆと松浦会長の暴露小説/M愛すべき人がいてのネタバレ感想!

浜崎あゆみさんがエイベックス松浦会長と昔付き合っていて、そのことも書いた書籍、M 愛すべき人がいてが出版され話題になっています。

青春時代あゆを聴きまくっていた私も発売日に早速買って読んでみました。

今でもあゆの曲を聴くとうるっときてしまうくらいあゆは私の青春で、元気をもらっています。

アラサーの私はあゆの全盛期は小学生〜中学生くらい!コンサートも行って毎日聞いてたな、、、、
この記事ではあゆのと松浦会長の書籍、M愛すべき人がいて のネタバレ感想を書いていきます!

結論を先に言うと、あゆのデビュー前から、絶望期と呼ばれる時の時代のこと、そして現在が書かれているのですが、あゆ大好きな私が読んだら最初から最後までなんか泣いてしまいました。。。そして実名で色々でてくるので、とても面白かったです。

あゆ好きな人は是非読んでほしい。アンチの人は別に読まなくていいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください