私定時で帰ります最終回ネタバレ感想や視聴率!結衣は種田とどうなる?

吉高由里子主演のドラマ、私定時で帰ります。いよいよ最終章に入ってきましたね〜〜!
私はこのドラマが大好きなので、原作を買って読みました!

この記事では、私定時で帰りますの最終回のネタバレ、私なりの感想をまとめてみます!ネタバレですので、ご注意ください。


私定時で帰ります、最終回ネタバレ。

ゆいの会社の上司、福永が無理して案件をとってきます。そして無理な予算、3500万でやってくれ!ということで、なんと社内申請が通ってしまいます。

実はその案件を持ってきた人は結衣の会社のメインバンクの御曹司。
なので、その仕事を受けてしまいます。

そして無理な仕事のせいで、ついに結衣も残業をし始めます。みんな残業をしたり、こっそり仕事を餅買えっったり、、、

原作では、福永が無理を言って社員はどんどん仕事が増えている上に、勉強会で朝活をしよう!などと無理を言ったり、、外注先の人も倒れたりしてしまいます。

そしてもちろん種田もどんどんハードに。それを心配した種田の弟からも、「兄を助けてください。というメールがきました。

なんと忙しすぎて、30分以上離れたことがないとのこと。そして種田は昔から、褒められることもなく、頑張ることが当たり前の環境で育ってきたことを聞きます。長男としての期待をかけられて。

そして納期が近づくと、結衣は徹夜もするようになります。

そして最後は結衣が福永に言います。

締め切り前の土日。みんなを返して結衣は福永と二人っきりに。そして種田も帰ったと嘘をつきます。
仕事が終わっていないのに、みんな帰ったことにびっくりする福永。

そして、ついこんなことを言います。

「種田君は僕に忠誠を誓ってる。必ず戻ってくる」肩を故障してプロ入りを諦めたのは彼を拾ってやったのは僕だ。野球しか脳がない彼に仕事を教えたのも僕。あいつは絵に描いたような社畜なんだから。僕がいなければ生きられない。何もかも命じられるまま。まさに社畜なんだから。」

これが本音ですね。社員をなんだと思っているんでしょうか。
そして隠れていた種田が出てきます。

「俺がいなければ生きられないのはあんたの方だろうが。あんたはわかっていない。共同経営者に逃げられて、どん底だった会社その後10年も持ちこたえられていたのはどうしてだと思う?俺は必死で仕事を覚えて、自力でやってきた。無能な上司を俺は見捨てられなかった」

「つまり、婚約者と別れることになったのは僕のせいだ、そう言いたいの?本当は捨てたんでしょ、ねえ、東山さん?」

「仕事も彼女も選ぶなんて器用なことは俺にはできない。捨てたんじゃない、諦めたんだ」

「でも後悔している、別れてからずっと、後悔していた」

そして話は会社のことに
「最初は信じられなかった。定時で帰る会社なんて、でも結衣を見ていて思ったんだ。仕事っていうのは命をかけなくてもできるんじゃないか。その方がずっとエキサイティングで、難しくて、挑みがいがあるんではないかって」

そして最後は結衣が裏切られたとショックを受けている福永さんに休養を提案。福永は長期休暇を取ることに。

そして休憩時間が終わって社員がオフィスに戻ってきます。結衣が仮眠を提案していたのでした。

「会社のために自分があるじゃない。自分のために会社があるんです」

そんな中、無理がたたり、巧(中丸)との連絡もないがしろに。
顔合わせの日がその仕事の締め切りの次の日。

その打ち合わせも、結婚式の話も、上の空の結衣に、巧の様子も変わっていきます
「結衣ちゃんは仕事と僕との結婚と、どちらが大事なのかな」

最終的には仕事は納期ギリギリで終了しますが、結衣は残りの仕事をこっそり一人で抱え込み、みんなが帰った後も仕事をします。

それに気づいた種田と分担。でも働き続けた結衣はついに倒れてしまいます。
結衣が気がついたのは病院でした。付き添いでいたのは種田。

最後の仕事も放り投げ結衣に何時間も付き添っていたそうです。

「やばい、今日顔合わせだ!」と気がつく結衣
一旦荷物を取りに巧と同棲している家に戻ります。仕事を付き合わせて入院させて悪かったと種田も一緒に。

そして家に着くと、寝室から物音が。しかも一人の音ではありません。

そこで結衣は仕事場から直接会場に行くと巧に伝えたことを思い出します。

それに気がついた種田は、俺が見てくる
と中に入ります。 玄関には見覚えのある結衣のではない女性の靴。巧の後輩の靴です。
巧が浮気をしていたのです。

そしてこっそり確認した種田は「出よう」と結衣を家から連れ出します。

何も見なかったことにして、このまま顔合わせに行けばどうか、、、ということまで考えますが、そんな結衣の指から婚約指輪をとって、川に投げ捨てる種田。

そして最後は二人で行きつけの中華料理屋さんに行くところで原作は終わります。


私定時で帰ります 最終回、感想

原作の感想はこんな感じです。しかもこの小説には続編がありまして、続編では最終的に種田と結ばれます。
でも、今回の小説だと、種田と結ばれるわけではないのですが、巧と破局して終わります。

種田が仕事が忙しく、そこで破局してしまった結衣。そして仕事ばかりで全然いなかったお父さんを見て育った結衣。
そんな結衣が自分の仕事のせいで婚約が破棄になってしまって、相手を同じ気持ちにさせて、、、、というところが読んでいてとっても辛くなりました。

でも原作とドラマの違うところは、原作の方が、結衣は巧がそんなに好きではないんじゃないかな、、、、?
でも、条件を見て、巧と結婚したら幸せになれるって言い聞かせているんじゃないかな、、??と読んでいて感じました。

なので、破局しそうだな〜とか、巧の浮気もそんなに驚きではありませんでした。
でもドラマを見ていると、結衣と巧は本当にいいカップル、、、、
なので、最終回が小説と同じ感じになると、とっても悲しいな〜〜って思います。

(中丸くん、、、イケメン、、、)

仕事する人も、しない人も、どちらもいいとは思いますが、家族になるなら、そんなに相手を悲しませたくはないですよね。

とっても考えされられるドラマです。

矢野帰子さんの原作はこちら!ドラマよりも内容自体は短いですが、結衣や種田さん、家族の葛藤が文章でとても丁寧に描かれていて、読んでいて、共感できることもあり、辛くなることもあり、でも最後は前向きになれる小説なので、ドラマを好きな人にはぜひ読んでほしいです!

読みやすいので1日ですぐ読めると思います。

まとめ

私定時で帰ります最終回のあらすじやネタバレ、感想についてでした。見ていて辛くなる、、、という感想もあるこのドラマ。現代には当てはまりすぎて辛くなる人もいますよね。

私も転職していますが、会社によって働き方も違うので、とってもよくわかります。。。

自分にとって何が大事か?そして大事なものがわかったら、勇気を少し出して、それに向かうことも大切ですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アラサー独身OLの私が彼氏を作った方法を公開中

Withマッチングアプリで彼氏を作った方法(アラサー女子の体験談)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください