新紙幣のデザインって誰がするの?なんで今変更なの?調査してみた!

こんにちは!今日の朝号外が出ましたね〜〜なんと 新しいお札が出るとのこと!朝からスマホのニュースの音で起きてしまいました。笑 

元号も変わりますし、時代が変わりますね、、、。個人的にはこれからキャッシュレス社会なので、お札がどれだけ使われるかが疑問でもあります。

そして新紙幣で気になったことをまとめてみます。

・誰がデザイン変更と決定するのか
・誰がデザインするのか
・人物の選出はどういう基準なのか
・なぜ今のタイミングで変更するのか

これらをチェックしたいと思います!


新紙幣のデザインは?

新紙幣は一万円、五千円、千円、500円が変更になります。

一万円 福沢諭吉 →渋沢栄一
5千円 樋口一葉 →津田梅子
千円 野口英世 →北里柴三郎

新紙幣のデザインって誰が決めたの?

こちらは財務省が担当です。

麻生さんが記者会見を行ったようですね。

選定基準としては「明治以降の文化人」

①なるべく精密な写真が手に入ること
②品格があり、お札にふさわしい肖像であること
③その人物が国民に親しまれ、広く知られていること

以上の3点が、主な選定基準です。

新紙幣のデザインって誰がするの?

こちらのデザインは誰がするのかな?って思ったのですが、
お札のデザインをしたのは 独立行政法人・国立印刷局の技術者、職員とのことです。

国立印刷局は国の印刷を行う団体のことですね。

ですが、このデザインがダサいと話題です、問題は数字のフォントなんですね〜〜
今回はユニバーサルデザインということで誰にでも見やすいがコンセプト。
結果ダサいデザインのフォントになってしまったようです。

新紙幣になんで今変更なの

やっぱり元号に合わせて??って思ったのですがどうやら違うようです。
なんと偽造防止らしいです。まあでも今偽造がとても増えているわけでもないんじゃないかと思いますが、、、、

あとは紙幣のデザインに関しては「20年ごとにやってきた」と麻生さんが言っていたそうです。

また麻生財務相はこんなコメントをしていました。

新元号の時代に引き継ぐべき日本の歴史と伝統、美しい自然」を表しています。

やっぱりお祝いムードの今なら発表しやすいってことですかね。

日本のお札は世界トップクラスの偽造防止技術が使われているのだそう。
でも個人的には、そのお金や予算があるならキャッシュレスすすめて欲しいな、と思います。

平成最後に発表すべきことなのかなあ?

そしてネットで多かった理由がこちらw

わざとダサくキャッシュレス化を進めようという国策なのではないかと笑

新紙幣っていつから?

こちらは 2024年に発行されるそうです!
先ほどの話にもつながりますが、2024年ごろにはもっとキャッシュレスが進んでいると思ってて、、、、なのでもうこんな現金持ち歩かないと思うのは私だけではないのではないでしょうか。


まとめ

新紙幣についてまとめてみました!
でもやっぱり疑問なのは、先にキャッシュレス化進めてくれ
ってことです。ただでさえキャッシュレス化が遅れている日本。

ここで新しいお札にする意味あるのでしょうか。何か裏の原因でもあるのでしょうか。。

だって偽造防止ならキャッシュレス進めたほうがよくないですか???

でもキャッシュレス化が進むならこれが最後のお札になるかもしれないですね、




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください