グラグラメゾン東京【第1話】ネタバレ感想!平古(玉森)の悩みは?

パラビ独占のストーリー、グラグラメゾン東京!グラメゾン東京の平古(玉森)くんのストーリーです。

この記事ではグラグラメゾン東京【第一話】のネタバレと感想を書いていきます!

一言で言うと、

アラサー独身OL
料理をしている平古祥平(玉森裕太)くんがかっこいい〜〜!!

です。笑

玉森くんのグラグラメゾン東京を見たい!って人は、今なら30日間無料で視聴可能です。
Paraviで無料視聴ができます!

 

 

 

職場でイラつく平古祥平(玉森裕太)

仕事であるホテルの厨房でずっと話し続ける部下を見てイラつく平古祥平(玉森裕太)。

イラついている原因は、一時間前に平古が料理は素材と対話することを忘れるな!と熱血でアドバイスしたの直後なのに、ずっと仕事と関係のない話をしている部下たち

次第に、さっきの指導をバカにされていたのではないか?悪口を言われているのではないかと不安とイラつきがきます。

平古祥平(玉森裕太)の悩みとか?

ホテルのビュッフェレストランの料理長をしている平古。3年前のエスコフューでの日々を思い出して、その差に悩む。

アラサー独身OL
ここは事件のあと京野さんの紹介で、働いています!

 

自分の好きな料理を出したい一方で、個性を料理に盛り込まない子供から大人まで万人に好かれる料理の提供を上司に指摘され、自分の料理が必要とされていないことに悩む。

そこで悩んでいたのに、彼女の蛯名美優(朝倉あき)は気づいてくれません。

そして必死にこういう時は察して、優しく声をかけてほしいとお願い。それでも平古の思いは伝わりません

アラサー独身OL
平古は察してくれよ!と乙女みたいなことを彼女に言います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください