4分間のマリーゴールドドラマの原作とドラマの違いは?結末はどうなるの?

4分間のマリーゴールドのドラマが始まりました!私は原作漫画も全て読んだのですが、

原作とドラマが違う、、、、!!

って感じたところがいくつかあったので、この記事では4分間のマリーゴールドの原作漫画とドラマの違いを紹介します!

原作と比較しながらストーリーを振り返ってみていきますね〜〜^^


沙羅の年齢が違う

沙羅の誕生日を兄弟4人で祝うシーン。藍(横浜流星)の手作りケーキです。

なんて幸せな家族像。。。!!

原作だと沙羅は 26歳の誕生日。そして一年後の27歳で死ぬ運命が見える。

でも、ドラマだと沙羅は 27歳の誕生日を迎え、28歳の誕生日に死ぬ運命です。

なんで一歳年齢あげたんでしょうね、、、?26歳はわかすぎ?菜々緒さんは今年30歳なので、26歳は少しきつい、、、って感じだったのかな?

そして藍くん(横浜流星)の手作りケーキが食べられるなんて、、、、羨ましすぎ。ケーキも可愛かったー!!!

みことのお父さんのお墓まいりに行く人

みことのお父さんの墓参りに車で向かうシーン。

原作漫画だとお墓まいりのに行く時の車は沙羅とみことの二人です。そしてお墓の場所にはもう先にお兄ちゃんと弟が来ています。

でもドラマだと4人揃って車で向かってますね^^

また、原作もドラマもどっちも「ご夫婦?」と聞かれるシーンはあります!

このシーン好き!

みことがたそがれる場所が違う

みことと沙羅の思い出の場所。みことが落ち込むとくる場所。

原作だとこのシーンは駅のホームです。

ちなみにドラマのこの灯台のロケ地は 千葉県富津港の灯台です。

住所:千葉県富津市富津2035-150

めちゃめちゃ景色が綺麗なので、とっても素敵なシーンです。原作の駅よりもこっちの海の方が好きだなあ、、、、

まとめ

4分間のマリーゴールドのドラマと原作との違いに関してでした!^^

第一話は
・沙羅(菜々緒)の年齢が一歳違う
・お墓参りのシーン
・黄昏ている灯台のシーン

第2話以降も放送されたら追記しますね!ただ、原作は3巻で終了していますが、ドラマって大体10話〜11話ありますよね。なのでドラマオリジナルストーリーが結構あるんじゃないかなと思います

4分間のマリーゴールド【1話】動画見逃し無料視聴方法!パンドラは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください